登録: 2021年 1月 25日

農薬の適切な保管・管理及び適正使用の徹底について

 埼玉県より、下記の事例が発生したため、農薬の適正な取扱いが改めて徹底されるよう通知がありました。

 

 令和3年1月に県内でカラス13羽及びドバト4羽の死骸が発見されるといった事例が発生し、回収されたカラス10羽及びドバト1羽のうち、11羽から有機リン化合物、カラス9羽及びドバト1羽から有機塩素化合物、カラス9羽から合成ピレスロイドが検出されました。
 カラス等の死亡原因は不明ですが、検出された化学物質はいずれも農薬に含まれる成分であることから、今一度、農薬の適切な保管・管理の徹底及び適正使用についてご確認頂きますようお願いいたします。

 

担当:埼玉県農林部農産物安全課 農薬・植物防疫担当(電話:048-830-4053)

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

先頭に戻る